コンテンツ
育毛ランドトップ


レディス育毛ランド

抜け毛、薄毛対策

1.薄毛の原因

2.毛髪の栄養失調
3.皮脂とホルモン

4.予防と対策

悪と戦うミカンなの

ミカンが進化したってイイじゃない

みかん育毛剤手作りしよう

飲む育毛剤













リンク&情報
















■毛髪の栄養失調


■髪の毛が弱る原因

髪の新陳代謝に欠かせないものは十分な栄養と、
それを運んてくる血液の流れで、そのどちらが欠けても、
細胞分裂がスムーズに行われにくになるんです。

その結果、発育不良の弱い髪の毛になってしまいます。

薄毛に悩んでる、20代〜30代の人を調べると、
髪の新陳代謝を妨げる生活パターンが多く見つかるのです。

■薄毛と飲酒の関係

お酒を飲みすぎると髪が弱りやすいです。

その理由は…

毛髪が作られるためには、様々な栄養素が必要です。
その中でも重要なのが、
肝臓で作られるシスティンというアミノ酸です。

システィンは、肝臓で、メチオニンというアミノ酸を素に作られ
ているのです。
大量のアルコールは、この作り変え作業を邪魔して、
髪の材料不足を起こしやすくするのです。

■薄毛と材料不足

最も恐いのは、材料不足が原因の薄毛なんです。

疲れ目で問題になるのはシスティンの素になるメチオニンです。
このメチオニンは、目の網膜を修復する時にも使われる
アミノ酸なのです。

長時間のパソコンや携帯メール、TVゲームなので目を酷使すれば、
髪の材料に回す分が減ってしまうんです。

実際に、抜け毛で悩んでいる人の血液検査を行うと、
なんと!10人中・5人は、
メチオニンやシスティンが不足していたんです。

髪を弱らせる新陳代謝の低下。その第一の原因は、
お酒の飲みすぎや目の酷使による栄養不足です。

そしては、もう一つの薄毛要因である血流量の不足を招く原因は
ストレス(緊張)なんです。

ストレスによって、交感神経が優位になると、髪の根元を通っている
毛細血管が縮んでしまって、新陳代謝に必要な、酸素や栄養が届く
にくくなるんです。

その結果、もろく弱い髪の毛が増えてしまいます。

ストレスを感じている人の頭頂部分の血流を測定すると、
基準値よりも少ないのです。

■薄毛と喫煙

血流量不足が原因の、毛髪の新陳代謝の低下には、
もう一つの原因があるんです。

タバコの吸いすぎも、髪の根元を通る毛細血管を縮小させます。

頭の上からサーモグラフイーで撮影して、
喫煙前と喫煙後の温度測定をすると、
喫煙5分後には、明らかに頭部の温度が低下しているんです。

毛髪の約10分の1、という極細サイズなのが毛細血管です。

タバコによる血管収縮作用で、頻繁に血流の低下が起きていれば、
髪の毛の新陳代謝も低下してしまうのです。

髪を弱らせる新陳代謝の低下。
ストレスやタバコの吸い過ぎは、大事な血液の流れを妨げる
要注意ポイントなのです。

抜け毛・薄毛の根本的な原因は、
髪の素になるシスティン等の原料不足と、
頭皮の血流が不足する事で起こる栄養失調だったんですね。


食品 全蛋白質量% メチオニン% システィン%
のり 34.2 1.15 0.48
脱脂粉乳 34.8 0.82 0.27
チーズ1 25.2 0.75 0.13
鶏レバー 24.5 0.71 0.71
凍豆腐 53.4 0.65 0.65
鶏肉 21.0 0.64 0.27
まぐろ赤身 24.3 0.62 0.31
さんま 20.0 0.58 0.38
12.7 0.43 0.35
大豆 34.3 0.43 0.48
牛肉 19.3 0.43 0.23


このページのトップに戻ります。

Copyright(c) 2005-2012育毛ランド All Rights Reserved ☆