コンテンツ
育毛ランドトップ


レディス育毛ランド

抜け毛、薄毛対策

1.薄毛の原因

2.髪の栄養失調

3.皮脂とホルモン

4.予防と対策

悪と戦うミカンなの

ミカンが進化したってイイじゃない

みかん育毛剤手作りしよう

飲む育毛剤













リンク&情報
女性の薄毛について

















女性の脱毛・薄毛の原因


女性型脱毛は、男性型脱毛と同じように男性ホルモン
の影響で薄毛が進行するんですが、女性の場合、女性ホルモン
の減少も薄毛の原因になるのです。

女性ホルモンの減少=発毛促進シグナルBMAの低下

ライオン株式会社、生物化学センターは女性ホルモンが減ることによ
って、発毛促進シグナルBMPの遺伝子発現が低下すること、
そのメカニズムを明らかにしたのです。

BMP(Bone Morphogenetic Protein;骨形成因子)は、
発毛促進シグナルとして働くタンパク質です。



■女性、薄毛人工の増加

女性の薄毛人口は300万人〜600万人とも言われ、
脱毛、薄毛で悩んでる人が増えています。

ライオン株式会社が20〜60歳代女性に髪の老化について
調べたところ、主な悩みは以下ようなもので、
気にしてる人は、30歳代後半以上の女性に多かったのです。

1.白髪が増えている

2.髪にハリ・コシがなくなる

3.髪の薄さ

■女性の薄毛脱毛の特徴

男性…前頭部や頭頂部から脱毛する傾向。

女性…頭部全体が薄くなる傾向が高い。

女性は、女性ホルモンの分泌が、30歳代から減ってくるんです。
そして、40歳代になると急激に、減少してきます。

その結果、女性は、
45歳以降になると、髪の太さや硬さが減ってくるのです。

■女性の毛髪の毛乳頭細胞を培養したものに

1.女性ホルモンを添加しない。

【その結果】

時間が経過すると、発毛促進シグナル「BMP」の遺伝子発現量が
次第に減ってくるんです。

2.女性ホルモンを添加した。

【その結果】

 発毛促進シグナル「BMP」の遺伝子発現量の減少を抑えるだけでな
く、「BMP」そのものを増やす働きのあることがわかりました。

【その原因】

女性ホルモンは、
発毛に関係する「ベータ型女性ホルモン受容体(ER−β)」
に作用して、発毛促進シグナル「BMP」を増やすからなんです。

女性ホルモン受容体の種類

1.アルファ型女性ホルモン受容体(ER−α)

毛髪が休止期から成長期へ移行するのを妨げて、
髪の成長を抑えてしまう作用があるのです。

2.ベータ型女性ホルモン受容体(ER−β)

発毛促進シグナル「BMP」の遺伝子と結合して、BMPを増やす
働きがあるんです。

まとめ

女性ホルモン→ベータ型女性ホルモン受容体(ER−β)→

発毛促進シグナル「BMP」を増加させる→発毛促進作用

このページのトップに戻ります。

Copyright(c) 2005-2012育毛ランド All Rights Reserved ☆