コンテンツ
育毛ランドトップ

ストレス癒され隊

癒されて生える時

歩かない日は…













リンク&情報
歩けば尊し















育毛は散歩から始まる

髪の毛がパサついたり、抜け毛や薄毛が気になる女性って、
お肌にも悩みを抱えてたりするんです。

何故?って、
イライラが原因で分泌される男性ホルモンは、
女性の髪とお肌の大敵だからなんです。

ただイライラするだけで、ニキビやシワにシミまで増えて、
髪の毛だって薄くなったりするんです。

男性ホルモン対策で、髪とお肌を改善して、
キレイな貴女になりましょうね♪

♂も♀もイライラすると男性ホルモンが増えるんです

血液検査をすると、
イライラしてる(ストレスを感じてる人)は、
イライラ感のない人よりも、
血液中の男性ホルモンの量が多かったんです。

イライラと男性ホルモンの関係とは

ストレスを受けると全身の血流が悪くなって、
細胞の機能も低下します。

そこで、細胞を活性化させるために、
アドレナリンを分泌して、血流を早めようとするのですが、
アドレナリンは瞬間的にしか機能しないので、アドレナリンの
変わりに長期間機能し続ける男性ホルモンが分泌されるのです。

当然ながら、この男性ホルモンは、イライラ(ストレス)
が解消され無い限り分泌され続けます。
その結果、イライラが長引くと、
男性ホルモンが身体の中で増えすぎてしまうんです。

イライラすると交感神経が優位になるので、
血圧や心拍数も上昇するのです。そして…

東京都精神医学総合研究所 吉井光信

「男性ホルモンが増えると皮脂が増加したりして
お肌の健康にはよくないことがおきます」

ストレスは男性ホルモンの皮脂活性を高めるのです。

身体の中で蓄積された過剰な男性ホルモンを最も効果的に
消費する方法は有酸素運動です。

その理由は、有酸素運動によって血流を早くすれば、
その分、男性ホルモンの消費が早まり、
老廃物として対外に排出されるからです。

どんな運動にも、
男性ホルモンを減らす効果はあるのですが、
男性ホルモン減少に一番効果敵な運動は、
前進感のある散歩です。

それに対して、
同じコースを何度も往復して泳ぐ様な水泳や、動きのない
ストレッチとか筋トレの、前に進めないという停滞感は
イライラの原因にもなり得ますし、

頑張り過ぎて、それがストレスになると、
男性ホルモンの分泌量を増やす可能性もあります。

緊張してる時、不安になってる時、心配してる時、
怒ってる時等には、交感神経が緊張して、
男性ホルモンは大量に分泌されるし、血行も悪くなるんです。

リラックス、感謝、笑ってる時、幸せな気分の時には
男性ホルモンは押さえられるし、血行も良くなるのです。

歩かない日は淋しい

これは放浪の俳人と言われた種田山頭火の句なのですが、
歩く事は、ストレスを緩和する効果があるだけではなくて、
哀しみや苦しみを癒し、うつ状態などを緩和する
効果もあるんです。

憂うつな気分にはセロトニンの欠乏が関係しているのですが、
歩くことで、セロトニンが増加し、気分転換にもなり

気持ちが、外の景色や外界に向うことで、
精神的な深刻さも、和らいできます。
また歩く事で食欲も出てきます。

辛い時悲しい時、一人で歩いてみるのも良いものですよ。

毎日散歩やウォーキングなどの有酸素運動を行えば、
睡眠中に、毛母細胞を活性化させる成長ホルモンの
分泌も増えてくるんです。

このページのトップに戻ります。

Copyright(c) 2005-2012育毛ランド All Rights Reserved ☆