コンテンツ
育毛ランドトップ

食事.栄養改善隊

育毛と食材















リンク&情報
トウガラシと豆腐を食べれば発毛促進!?
















育毛と食材

薄毛は食習慣の引継ぎ

育毛の話題になると、
薄毛=遺伝だとよく言われますが、
最近では、先天的な遺伝による薄毛は2割弱だと考えられています。

薄毛が直接遺伝することはありませんが、
体質や気質、骨格などの組織構造は遺伝します。
そのため、薄毛は遺伝すると言われるのですが、

科学的には遺伝的要因は20%以下だと言われています。

にも関わらす、親が薄毛だと子も薄毛になることが多いのは、親子間で、
薄毛になるような食材・食習慣が引き継がれることがその原因だとされています。
引き継がれるのは、「遺伝」ではなく、「抜け毛食」なのです。

先天的な遺伝による20%の人であっても、食材・食生活の改善により、
予防・改善が可能だと言われています。
反対に、遺伝的要因の無い人であっても、食事・食材や生活習慣の乱れから薄毛になる
こともありえます。

アデランスの調査によれば、
日本人の薄毛率は欧米諸国に比べると少ないのですが、
東洋圏では、No1の薄毛率です。

しかも、近頃、食生活やストレスなどさまざまな理由で、
薄毛が急増していると言われます。

(髪のためには少し控えめにした方が良い食品)
動物性脂肪を多く含む食べ物(豚の角煮/霜降りステーキ/フライ類/スペアリブetc)
ファーストフードは動物性脂肪の多いものが多いですね。

塩辛い食べ物(佃煮 塩辛 梅干し 塩鮭etc)

辛いものといっても、唐辛子に含まれるカプサイシンには、
髪の成長を促進する因子を増やす働きがあり、髪にはむしろ有益です。
大豆製品に含まれるイソフラボンと組み合わせることで、
成長因子の増幅効果が確認されています。

(髪の健康に良い食べ物)
大豆/魚類…特にイワシ/玉子…特に白身/鳥肉…ささみ/…たん白質が豊富←髪の毛を構成

牡蛎/ワカメ/ひじき/牛レバー/牛もも肉…亜鉛・銅が豊富←タンパク質を合成

野菜・果物類…ビタミンが豊富←コラーゲンを合成する「C」、皮脂分泌を抑える「B」等
ゼラチン…ゼラチンは頭皮のコラーゲン代謝を活発にして育毛を助けます。

手羽元のスープから取れるコラーゲンも育毛にいいんです。

肉の問題点は飽和脂肪酸なんです。

魚も植物油も油脂成分は不飽和脂肪酸で、
不飽和脂肪酸は飽和脂肪酸と比較して、皮脂になりにくいのです。

なので、同じ分量を食べるのでしたら、
肉料理よりも、魚のフライの方がヘルシーなんです。

このページのトップに戻ります。

Copyright(c) 2005-2012育毛ランド All Rights Reserved ☆